結婚に際するお金は誰が払うの!

1290 (2)

結婚式はやたらとお金がかかります。

パック料金なんてあってないようなものです。250万円のパックでも、結局蓋を開けると700万円や800万円なんて金額が襲い掛かってきます。

ご祝儀でペイなんて絶対に出来ません。

結婚式後は、新婚旅行、新居、新居への引っ越し、生活用品の購入、考えると気が遠くなる話です。

最も安価にするとしても、挙式のみで、衣裳を一番安価のものを1点、美容師代金、披露宴は食事会すらなし、新婚旅行なし、エンゲージリングもなし、立会人なし、結婚証明書なし、ブーケなし。

新居も、今住んでいるところで、生活用品も現状で我慢したとしても、挙式、ドレス、美容代金で30万円近くは行きます。

普通に結婚式を執り行うにしても、自分達のお金で結婚後の必要経費も含めて賄うなんて不可能です。

結局は親に頼るしかない

関東や関西などの都会圏は結婚費用に対する二人の貯蓄額はかなり多いですが、物価の違いから考えると、貯蓄が多いから自身で支払う比率が多いかと言うと、一概にはそう言えません。

日本でも派手な結婚式で有名な、福井県や愛知県などは親が支払う比率は高いですが、これはお二人の意向に反した婚礼を敢行するからと言う側面もあります。

また、傾向としては古い街並みがあって、着物文化がかなりのレベルで残っている地域は、本人はともかく、親が写真だけでも着物姿、白無垢、色打掛姿を残しておきたいと言う希望から親の支払い率が上がるようです。

しかし、ここで語りたいのは、親と子供の支払い率ではなく、両家の分担についてです。

これは本当に揉めに揉めることなのです。

これで、今後の両家の付き合いの全てが決まると言っても過言ではありません。

下手をすると、この揉め事で即離婚なんて事もありますし、婚礼自体が挙式10分前に中止になったなんてケースもあるほどです。

お金は怖い!!

お金は人間を本当に変えてしまうものです。

とにかく、当日に何かが増えると、どちらが支払うのだということで揉めます。

例えば、来るか来ないか微妙だった人が結局来ることになった、衣裳に着けるアクセサリーの選択、少し打ち合わせと違う感じの髪飾りを美容師が勧める、写真のポーズ数が増える、延長してしまって延長料金が発生するなど、細かい人は全て一つ一つに確認を怠りません。

しかし、類は類を呼ぶということで、細かい人の相手もまた細かい人が多いというのも揉める要因なのです。

確かに婚礼における全ては一つ一つが安いものではないですから、気持ちが判らないでもないですが、揉めるのは後にして、その場は何とか上手く乗り切るべきでしょう。

招待客もいらっしゃるのですから、あまり険悪なのも困りものです。とは言え、支払いの段階でも当然揉めまくりです。誰が依頼した、誰が払うと言った、のオンパレードです。

支払いに行き着くまでは相当の日を費やします。お二人が別れずにいるだけマシですが、この調子ですといつどうなるか、余計なお節介ですが心配にはなります。

打ち合わせが大事

打ち合わせの段階で、遠慮せず、いるものはいる、いらないものはいらないと必要以上に明確にハッキリさせておくことが揉めないポイントですね。

ハッキリせずに有耶無耶にして当日にゴタゴタするのはこういうケースでは一番好ましくありません。

ちょっと図々しいんじゃない?と思われるほどにハッキリした物言いで、シッカリと決めていくのがコツです。

当日の慌ただしい時は、100%全員が揃って物事を決める状況と言うのはまずありません。

お金以上にお山の大将で自分が知らなかったと言う事に腹を立てる方もいるので、とにかく当日に変更などで動くことは避けましょう。

昔で言えば、きちんと結納をして、結納金を新郎側が新婦側に収め、新婦側が結納返しとして、新郎側に結納金に対する一定のパーセンテージの品を送り、式披露宴費用は新郎側が全て支払うか、60%を持ち、新婦側は僅かでも少なく支払うと言う感じだったのですが。

最近では、招待客の数で双方分担し、それ以外の物は折半が多いものです。

ただ、この折半が結局曲者なんですね。

例えば、衣裳や、美容なんて言うのはほぼ新婦の関係のもので、本来新郎には関係のないものなので、そんなものまで折半って何だ!となるのです。

写真も花嫁様一人のカットなどあろうものなら、そんなもん自分で出しやがれと新郎側としてはなってしまう訳です。

しかし、結局財布を握り、主導権を握っているのは両家の母親ですので、その二人をいかに取り込むかで事情は全く変わってきます。

上手に人間関係を築いておけば、実は好き放題に出来るのですが、今の人達は構えてしまうケースが多く、意外と難しい方法なのかも知れませんね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ