持ち込み料の秘密と持ち込み料の価格で決まる会場の誠意

白いバラ

会場を決める際に、意外と最初に気にしないのが持ち込み料です。

婚礼は一生に一度のもの(例外はありますが)、何に注意すれば良いのか判りませよね。

何回も利用する業種であれば、段々判ってくる面もありますが、この業界は、担当者に「こういうものです」と言われると、納得せざるを得ません。

持ち込み料もその一つです。

別に会場のものを使わなくても、どこの何を使ったってこっちの勝手じゃないか、とどうしても考えてしまうものです。

自分が懇意にしている美容師さんにヘアーメイクドレッシングを頼みたい。

ここの写真スタジオの写真が素敵だからぜひ使ってみたい。

ここにしか気に入った衣裳がないからここでどうしても借りたい。

何度も体験するものではないのですから、本来は後悔しないように至るところで自身の思いを反映させたいと考えるのは当然のことですし、価格で考えれば当然の権利とも言えます。

しかし、残念ながら、その思いを100%叶えることは今の婚礼事情では非常に困難です。

持ち込みに対しての式場の違い

会場は持ち込みに関して3通りのパターンに分かれます。

1、持ち込みフリーのところ
2、持ち込み完全禁止のところ
3、持ち込みは良いが、持ち込み料を支払わなければならないところ

この3つが殆どです。

この中で一番多いのは3番の持ち込みは良いが、持ち込み料を支払わなければいけないと言うものです。

地域や、会場のグレードによって差はありますが、現在の平均持ち込み料は約5万円です。

例えば、衣裳を持ち込む場合、ドレス2着を持ち込んで10万円となります。

もちろん、衣裳のレンタル代とは別にです。

ですので、お客様はレンタル料が30万円なのに、合計40万円も払わないといけなくなるのです。
こんなバカバカしい話はありません。

私は立場上、色々なホテルに出入りし、またホテルで従事していた経験もありますので「持ち込み料とは何故必要なんですか?」とあちこちで訊いてみたことがあります

また、ネットでもそういう関連の方数人に訊いたケースもあります。

答えは  「管理費と保険みたいなものですよ」

こう答えた方が100%でした。

「管理費?では衣裳店が当日に持ち込んだら管理の必要はないですよね?

若しくはお客様自身で会場入りする時に一緒に持ってくれば、管理自体はお客様自身と美容師でするのですから、管理費という考え方なら持ち込み料はいらないってことですね?」

と尋ねますと、口ごもり、「それでも、必要なんです」と言うのです。

これは、全くおかしい話です。

管理・保健と言いますが、会場側に預けるのでなければ、双方とも発生し得る事項とは言えない訳です。

そこで、ここら辺を全員に問い質してみますとこういう答えが返ってきました。

式場の本音

「持ち込みされると、本来発生するリベートが発生しないでしょ?」そうです!これが本音なのです。

専属業者を使ってもらえば、会場側には多くのリベートが入ります。

これは黙っていても入ってくる、全く経費の掛らない、言ってみれば丸儲けの売上なのです。

会場側の年間リベート売上は大変大きな位置を占めます。

加えて「持ち込みされると持ち込み業者も困るでしょ?」ととってつけたように言いますが、膨大な権利金や、リベートを搾取している側が言って良い言葉とは言えません。

簡単に言ってしまえば、掛る筈の無いお金を、自分達の潤いの為にお客様から言葉は悪いですが巻き上げていると言うのが本当のところなのです。

実は”保険”と言う側面では、いくつも見て来たのですが、会場に預かってもらって、その間に汚れがついた、保管が悪く(ちゃんとかけていない)しわだらけであるなどの問題が起きても、会場側は絶対に責任をとることはありません。

全て衣裳店か、当日に持ち込んだお客様の保管が悪いと言うスタンスで、謝罪すらしたケースを見たことが一度もありません。

リベート!?/h3>

ここまでのお話で、良くご理解頂けたと思いますが、持ち込み料とは実際には実態はなく、お客様が本来支払うべき金銭ではないと言うことです。

そこで、お二人に気を付けて頂きたいのは、持ち込み料が高いところは衣裳を預ける時に、担当者の立ち会いのもと、ほつれや汚れがないか、持ち込んですぐに衣裳を出して、きちんと掛けているか、掛けていないなら、掛けないのですか?と尋ねてみて下さい

汚れなどのチェックは最後まで行ったら、状態を紙にメモしておき、一緒にチックし、メモ通りの状態であったと担当者に手書きでサインしてもらっておいて下さい。

持ち込み料で見分ける会場の誠意ですが、持ち込みOK、持ち込み料金なしがもちろん良いのですが、婚礼自体の経験が少なく、婚礼に力を入れていない故に持ち込み自体に何の情報も抵抗もないと言う場合もありますので、持ち込み全面OKで無料のところは年間の数を調べると良いでしょう。

持ち込みOKだが、持ち込み料を取ると言うところでは、金額で誠意は判ると言えます。現状は、衣裳で言うと1着5万円が相場です。

しかし、この金額、実はリベートの補填としても多過ぎるのです。

5万円のところは確実に誠意がありませんし、ユーザーの方を向いて商売しているとは言えません。取るにしても、妥当な金額である2万円から3万円で収めているところであれば、少しはマシと言えるでしょう。

この金額であれば、おおよそリベートの補填のみの金額と言えるからです。

持ち込み完全禁止のところは基本的に誠意がありません。何が何でも独占したい、何が何でもお客様が支払う金額を全部回収したいと言うところですので、商売にし目がいっていないと言うことです。

但し、唯一例外はあります。例えば、新婦様がどこか違う外部の衣裳店で気に入ったものを見付けたとして、持ち込み出来ない代わりに同じものを仕入れてくれたりと企業努力をするところであれば完全禁止のところでも充分な誠意があると言うことです。

とは言え、持ち込み料と言うものは、支払う側としては納得のいかないものですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ