婚礼に対して未熟な会場

55461

式や披露宴に際して、どこの会場であってもそれなりには対応してくれると皆さんは思っている事でしょう。

しかし、そうでない会場があるのです。

もちろん、だからと言って、悪いところだということではありません。

飽くまで慣れておらずに未熟だと言う事です。

これはジミ婚流行りの弊害だとも言えます。

まあ、手作りっぽい、アットホーム的だと言ってしまえばそれまでの話なのですが・・・・。

さて、婚礼に対して未熟な会場とはどんなところでしょう。

それは、あまり婚礼自体をしたことがないレストランや、料亭です。

まず第一にこういうところでは時間通りに進行した試しがありません。

通常披露宴は2時間半が一般的な時間です。

長くても3時間が限度です。

これ以上長いと、間も持ちませんし、新郎新婦はおろか、出席者全員が疲弊してきます。

長ければ良いと言うものではないと言うことですね。

経験がない会場の例

こういう場所では導線がハッキリしませんし、人員の配置がおかしいことがほとんどです。

控室もろくにないですし、花嫁様が着替える場所すらキチンとした場所を確保出来ません。

通常、花嫁様がお色直しして入場する場合は、入場するまでその姿を招待客には見られないようにするものですが、導線もハッキリしなければ、扉もない、あっても閉めないなどの不手際が続出です。

結果、色直しの衣裳は入場前に見られまくりです。

盛り上がりも何もあったもんじゃありません。

こういう婚礼に限って、司会者も専門のベテラン等を使わずに、友人やアマチュアに依頼したりするケースも多いので、こういうケースにまともに対応出来ません。

また、会場の性質上、婚礼で良くあるイベントや余興がほとんどなく、司会者も間を持たせられず、シーンとした会場に食事をする音だけが響き渡るのみです。

もちろん、婚礼を想定していない会場なのですから、カラオケもありませんし、マイクすらろくに機能しないケースも多々あります。スポットライトもありませんし、灯りを落とす事も出来ないので、キャンドルなども出来ません。

イベントは精々ケーキカット位です。

スタッフも婚礼のことなど一つも知らないので、スムーズに動けませんし、介添えもいなければ、先導者もいません。

よって、花嫁様が椅子に座る時、立つ時ですら誰も椅子を押したり、引いたりの作業すらしませんので、花嫁様はその度に四苦八苦する始末です。

お粗末な流れ・・・

スピーチもやる場所が定まっていないので、それぞれ好きなところに立ち、マイクもない状態でスピーチを始めようとしてスタッフが大慌てで走ってマイクを持ってくると言う事もあります。

乾杯も、いつまでも注ぎ終わらないという状況になって、全員がボーっと突っ立ったままなんてこともあります。

色直しで退場の時間になっても誰も迎えに来ず、美容師が大慌てで連れに来るなんて事もあります。

もちろん、そんな感じなので、事前に届いたレンタル衣裳もどこにあるか判らない状態だったり、鏡も用意していないなど穴だらけです。料理もスムーズに出てきませんし、飲み物が不足するなどは日常茶飯事的なことです。

料理も流石に料亭は凄いものが出ていますが、レストランの場合は店によっては婚礼でこれで良いの?って言うのもあります。

私の経験・・・ひどかった会場 NO.1

一番記憶に残っているのは、婚礼料理のメインにも関わらず、海老フライが2本と言うのがありました。

もちろん、ご本人が望んだことなのでしょうが、招待客はズッコけている人も沢山いました。

間がもたない一番の原因は音響にあります。

エレクトーンなどは無いですし、ろくな音響設備がないので、音楽も鳴っていない状況ですから、とにかく静寂に包まれた空間と化しているのです。

せめて、音楽でも常に鳴っていればまた雰囲気も違うのでしょうが、それは望むべくもありません。

とにかく、不慣れなだけでなく、婚礼を請けたからには、そこのスタッフは当日までにある程度の勉強をして知識を入れておくべきだと思うのですが、そういうことは全くしていません。

酷い時は、関係のない私が巻き込まれて先導やら介添え替わりをさせられた経験もありました。

もちろん、無償でです。

あ!完全に無償では無かったですね。

そこは料亭だったのですが、終了後にお食事だけはさせて頂きました。

美味しかったです!!関係ない話ですが・・・・。

しかし、こう言うところにもメリットはあります。

お二人と招待客の距離が近いこと、決まりが無いので皆が好きに動き回って、好きに何でも出来ること、そして、何と言っても料理が冷めておらずにとても美味しそうなこと、海老フライだって婚礼じゃなければ凄いビッグサイズで、美味しそうで、一度食べに行きたいなと思った程です。

不慣れなことに目を瞑れば良い事もあるのです。

何を優先するかはお二人次第です。

でも、詳しい人は一人位依頼しておくべきですね。

特に司会者でベテランの方がいれば大抵の事は何とかなります。

地方なら、相場でベテランの方でも約5万円のギャランティで依頼出来るので、是非頼んでおいた方が良いでしょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ