結婚後女性のパートに役立つ資格!

【主婦&未経験】女性のパートに役立つ資格!お役立ち情報館

【主婦&未経験】女性のパートに役立つ資格!お役立ち情報館

子育て中の女性の働き方といえば、パートですよね。

子供が少し大きくなれば、直ぐにでも働きに行く形ことが今はもう当たり前の世の中ですから。

どうせ働くのなら少しでも有利な働き場所を得たいものです、そのための資格取得を得ようと読み勧めていたら、調度良い資格がありました。

医療事務が紹介されていました、医療事務は病院のスタッフとして重宝されている職種ですね。

医療関係だというのに、民間の資格っていうのが意外でした。

もう1つ意外だったのは、医療事務は資格が無くてもできる職種だったってところです。

民間の資格でも難しいほうでスクールに通ったからといって簡単に試験に合格出来る補償はありません。

やはり、試験が難関である資格のほうが就職率もアップするのでしょうか。

試験に合格しやすく確実に仕事に就けるといえば介護職が挙げられていました。

介護職って大変そうだしな~、と頭をよぎりましたが、仕事のブランクや経験、年令も関係なく働ける、と聞いたら、チェックするしかないですよね。

両家の親の介護にも役立つかも!!

介護の資格と言えば、介護福祉士の資格が代表的で、この資格をもっているだけで、子供が出来て勤め先をやめて何年かしたあとでも会社側は喜んで迎えてくれます。

こういった背景には超高齢化社会に突入しているのにも係わらず、介護する人間が増えていないからなんですね。

じっくり読んでいると介護福祉の資格を取っていれば再び子供が出来て仕事をやめた後でも、働く気があるのならいつでも歓迎の気持ちを隠せない、それだけ人手不足は深刻です。

それでも他人のお世話をするのを躊躇している自分がいて、今一歩踏み込めない、そんな人には福祉用具専門相談員の資格がピッタリです。

福祉用具専門相談員は、福祉用具レンタルショップでは、この資格を持ってる人がいないと店を出してはいけないことになっています。

しかも、ありがたいことに福祉用具専門相談員の資格取得は介護福祉士よりずっと簡単に取得できるので家事や仕事の合間でも十分に取得できる資格なのです。

パートであっても資格取得しておくに越したことが無い、お役立ち情報館を読んで改めてそう思いました。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ