「結婚式はウェディングプランナーにお任せ」

レストラン・ウェディング・パンケット・スタッフブログ

6レストラン・ウェディング・パンケット・スタッフブログ

昨今はバンケット事業が流行しているそうですね。

バンケットとは英語で宴会、晩餐会、祝宴のことですが、それまでは、ただ儀礼的に行っていた式典をお客様の最も望む形に変えて提供する事業を行う企業があります。

特に結婚式は一生に一度の思い出の式典ですから、新郎新婦にとって素晴らしい演出を期待するものです。

「レストラン・ウェディング・パンケット・スタッフブログ」でいくつか、ステキな演出をされているのを発見しましたので、ご紹介したいと思います。

場所は福岡の結婚式場、THE MARCUS SQUARE FUKUOKAウェディングプランナーの永田さんの記事です。

福岡空港からわずか30分と立地の良いホテルTHE MARCUS SQUARE FUKUOKAのプライベートロビー「ホワイエ」は結婚式のデコレーションや演出を相談するところとなっています。

そこでは、もうすぐ結婚するお二人のやりたい結婚式を一緒になって考えてくれる場所です。

ある新郎新婦のお話ですが、お二人は旅行が趣味で、クリスマス近くが結婚式の日ということで、せっかくだから世界のクリスマスグッズを集めよう、と旅行先でクリスマスグッズを出来るだけ集められました。

それらを利用した結婚式をと提案されたのです。

その提案を受けてスタッフは当日、サンタさんやトナカイがゲストをお迎えするよう、飾り付けし、ギフトもクリスマスの雰囲気を損なわぬよう、色にもこだわり、キャンディーやクッキーも用意してしっかり準備した結果、素晴らしいお二人の満足のいく演出が仕上がったそうです。

こんな風に、新郎新婦がはっきりと自分達のやりたいことを言う、そしてそれを受けてくださるスタッフがいる結婚式なら是非私もお願いしたい、そんな気持ちになりました。

それに永田さんは遊び心のあるプランナーのようで、披露宴のテーブルに席札が置かれてありますよね、普通であれば紙に書いてあるだけですが、それでは面白くない、と永田さんは感じ、席札ボトルを提案しました。

お酒のボトルって面白い形が沢山あるんです、ハートやりんご、こぶた、ひょうたんと種類も豊富で見た目とっても面白かったです。

他には胸につけるバッジ型の席札も用意されてます。

特別な人が開催されるパーティーなどで、よくバッジを胸につけているのを見かけますが、そんな雰囲気のバッジでした。

まるで自分が特別な式典に参加したような気持ちになれて誇らしく感じれそうです。

このようにバンケットのおかげで結婚式や宴会がますます楽しくなっていく傾向です、今までの結婚式は、型にはまったものでしたが、これからは自由に演出してお二人の門出を祝福する、こういった結婚式に変わっていくようです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ