見落としてしまいがちな費用を再確認

見落としてしまいがちな費用を再確認

結婚式にかかる費用の中でも特に大きなウェイトを占めるのが結婚式場の使用料金と、ドレスのレンタル、または購入費用です。
しかし、その他の費用がまったくかからないわけではありませんので注意が必要です。

結婚式の予算を立てる際には、この大きな2点以外にどのくらいの費用が必要となるのかをできるかぎり正確に把握しておく必要があります。

◆結婚式場でどこまでやってくれるの?
まず、結婚式場で選択したプランやオプションにどこまで含まれているのかを確認しなければなりません。式場によっては、メイクさんや美容師さんの料金は別請求となるケースも少なくありません。
また、規模の小さな会場の場合は、音響機材や専門スタッフの料金が別で請求されることもあります。

ですので、結婚式の費用にどこまでが含まれているのかをしっかりと確認しておきましょう。見積書を見れば、その内訳が記載されていますので、ここに入っていないものは別で支払わなければならない可能性がある、と考え、しっかりと式場の担当者に確認してみてください。
式場によっては、基本料金に含まれている、というケースもありますので、基本料金内でのサービス内容についても同時に確認しておきましょう。

これは、式場選びの際にもポイントとなります。一見会場の利用料金が安いように思えても、自分自身で手配しなければならないものが多かったり、基本料金の中に含まれるサービスが少なく、オプションで賄わなければならなかったりする場合は最終的には費用が高くなってしまうことがあります。

式場選び、プラン選びは表面上の料金だけで判断することはできない。これをしっかりと頭に入れておきましょう。

◆ブライダルカウンターやブライズデスクを上手に利用して
結婚式場では結局、式場そのものの利用料金など、そこに料金を払うものしか相談することができないケースがほとんどです。
そこで、ブライダルカウンターやブライズデスクを上手に利用しましょう。

その情報量から高い人気を集めているブライダル専門サイトの「すぐ婚navi」によるブライズデスクでは、結婚式選びだけでなく、結婚に関するさまざまな悩みに対応できます。

もちろん、結婚式場の利用料金やドレス以外の費用に関するアドバイスも受けることができます。ここで結婚式のプロと一緒に一度式場に支払う料金やドレスのレンタル料金以外に必要となる費用を整理してみましょう。
引き出物や結婚指輪、また招待状などを用意することのできる業者の紹介を受けることもできますので、より効率的に準備を進めることができるでしょう。
結婚式に関する費用と言えば、中でも大きなウェイトを占めている式場の料金と、ドレスの費用ばかりに目が行ってしまいがちです。
しかし、同時にその他でどのくらいの費用がかかるのかを把握しておかなければ結婚式全体の正確な予算を立てることはできません。

結婚式場の担当者やブライダルカウンター、ブライズデスクのプランナーにしっかりと確認しながら準備を進めていきましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ