結婚式の準備はイメージから?

結婚式の準備はイメージから?

理想の形をあまりはっきりとしない状態で結婚式の準備を進めてしまうと、あれこれと迷ってしまい、なかなか決めることができなくなってしまいます。

結婚式場選びにしてもウェディングドレス選びにしてもそうです。
あなたはどんな結婚式にしたいですか?それをはっきりと定めないまま、準備を進めようとしてしまったがために、散々迷うことになってしまった花嫁さんの体験談をお話したいと思います。

◆まずは準備を進めよう!
私は結婚したい、という気持ちは持っていたものの、具体的にどのような式にしたいのかというイメージを全く持っていませんでした。
これまでに友人や親戚などの結婚式にも出席したことがありませんでしたので、そもそも結婚式とはどのようなものなのかさえもわからない状態でのスタートです。

ここで、結婚式とはどのようなものなのか、事前に調べ、イメージをある程度固めていれば良かったのですが、何もわからないまま、すぐに行動に移してしまったのが失敗のはじまりだったようです。

◆式場選びで迷ってしまう
ひとまず、ネットで式を挙げようと考えているエリアの式場を検索し、片っ端からブライダルフェアに行ってみる、という方法で式場選びをはじめました。

実際に式場を見てみればイメージも固まるのでは?と思ったからです。しかし、いざフェアへ行ってみると結婚式にはさまざまなスタイルがある、という事がわかっただけで、自分の結婚式をどのようなものにしたいのかがわからないままです。
それどころか、オプションなどについての話も一気に聞いてしまいましたので、余計に結婚式のことがわからなくなってしまいました。

こんな状態ではどの式場にすれば良いのかなんて全くわかりません。さんざん式場周りをしただけで、結局なにも手掛かりをつかむことさえできませんでした。

◆迷っているうちに時間は過ぎて行く
こうして迷っている間にも時間は過ぎていきます。式の日取りはすでに決まっていましたので早く式場を決めて招待状を出さなければなりません。
しかし、相変わらず迷ってしまうばかりでまったく答えを出すことができずにいました。

結局、しびれを切らした夫がその日取りの空いている式場を予約してしまいました。少しだけほっとしましたが、私の結婚式ってこれでいいんだろうか?と思ってしまいます。

具体的なイメージを持つことができないまま無理に準備を進めようとしても、あまり良い結果を得られることはないでしょう。
できれば、実際に動き始める前にある程度は理想の結婚式をイメージだけでもしておくべきなのかもしれません。
結婚式の準備には時間がかかるものです。なので焦ってしまうのも仕方ないでしょう。しかし、まずどんな結婚式にしたいのか、というイメージをしっかりと持っていなければ空回りするだけになってしまいます。
簡単なイメージや希望だけでもいいですので、まずはそれを具体的な形にすることから結婚式の準備をはじめてみませんか?

サブコンテンツ

このページの先頭へ