結婚式の予算の中でも特に大きなウェイトを占めるのは?

結婚式の予算の中でも特に大きなウェイトを占めるのは?

結婚式に関する悩みの中でも特に切実なものとなるのがお金の問題です。どんな理想的な式を思い描いていたとしても、予算が足りなければ思い通りの式を挙げることはできません。

結婚式を挙げるのに必要な費用はさまざまな要因で変化するものです。まずは、結婚式に必要な費用について考え、具体的にまとめてみましょう。
これが結婚式の予算を立てるための第一歩となります。

◆結婚式の費用でもっとも大きなウェイトを占めるのは?
まずは、結婚式を挙げるための費用の中でも特に大きなウェイトを占めているものから考えてみましょう。一般的な結婚式において、その費用の大部分を占めているのが結婚式場の費用です。

一般的なホテルや専用結婚式場の場合、料理やさまざまなイベントのためのオプション、会場のレイアウトにスタッフの料金などもすべてここに含まれます。
つまり、結婚式に必要な予算はほぼここで決まると考えて良いでしょう。

同じ式場であっても出席者の人数や料理のランク、そして使用するオプションなどによっても前後してしまいますが、まずは標準的な結婚式の料金で各式場を比較してみましょう。

基本的に結婚式の内容はカップルによって異なりますので、オーダーメイドのような扱いとなります。ですので、具体的な料金はカタログやホームページなどでは公表していないところも少なくありません。

ですので、それぞれの式場の料金を比較する際には、ブライダルカウンター、またはブライズデスクなどで相談してみましょう。
特にブライダル系の情報サイトの大手である「すぐ婚navi」のブライズデスクでは予算の面からの式場探しにも対応してくれます。

予算をまったく考えずに式場を探し、理想的なところを見つけることができたとしても、いざ見積もりを見てみると大幅な予算オーバー…これでは式場探しがムダになってしまうかもしれません。
最初の段階である程度の予算の目安を決めた上で相談することも大切です。

◆ウェディングドレスのレンタル費用は高い!
結婚式場の使用料金に次いで費用全体の大きな割合を占めることになるのがウェディングドレスの費用です。レンタルで済ませるならそれほど高くないのでは?と思われていませんか?

ウェディングドレスはレンタルであってもその費用は最低でも数十万円以上です。さらに数回お色直しなどを入れるとなれば、その費用はかなりの額になります。

購入するとなれば、式場の使用料金より高くなってしまうなんてことも十分に考えられます。

しかし、ウェディングドレスを着る機会なんてそれほど多くはありません。せっかくだから気に入ったものを着たい…そう考えているのであれば、ドレスの費用はかなり多めに見積もっておくべでしょう。

ドレスのレンタル料金に関しても式を挙げる時期などによって変動することがありますので、できるだけウェディングフェアなどを利用して多くのドレスを試着すると同時に、料金も確認しておきましょう。
せっかくの結婚式ですので、あまり嫌なことは考えたくないでしょう。しかし、費用については決して無視することはできません。
しっかりした計画を立てて予算を組むようにしましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ