二人の理想にフィットすれば素晴らしい結婚式にできるレストラン

二人の理想にフィットすれば素晴らしい結婚式にできるレストラン

専用の結婚式場、ホテルと並んで定番の会場と言えばレストランでしょう。昔はそれほど多くはありませんでしたが、年々結婚式が可能となっているレストランの数は増えています。
専門結婚式場やホテルと比較すると、どうしても施設そのものの規模が小さくなってしまいますので、来賓の人数によっては選択肢に入れることができない可能性もあります。

しかし、小さな会場ならではのアットホームな結婚式を挙げたいと考えるのであれば、レストランは良い選択肢と言えるのではないでしょうか?

◆レストランでの結婚式ならではの魅力

冒頭でもお話しましたが、ホテルや専用結婚式場と比べると会場の広さがかなり狭いケースがほとんどです。中には大規模なスペースを確保することのできるレストランも存在はしていますが、数としてはかなりの少数派になりますので、特に地方では簡単に見つけることはできません。

そこで、あえてこの狭いスペースで挙げる結婚式ならではのメリット、魅力について考えてみましょう。

スペースが狭いということはそれだけ来てくれたお客様との距離が近くなることを意味します。広い会場の場合、どうしても、新郎新婦とお客様の距離が遠くなってしまいます。各テーブルを周ればそれなりに会話などを楽しむこともできるかもしれませんが、本格的なウェディングドレスを着た花嫁が各テーブルを周り続けるのは楽なことではありませんし、かなりの時間も取られてしまいます。
小さな会場であれば、気軽にお客様と触れ合うことができますので、より親密な、アットホームな雰囲気の式にすることができるでしょう。

また、出席者の人数がそれほど多くない場合、あまりスペースが広すぎると式そのものがとても寂しいものに感じられてしまいます。
近しい親戚や、ごく親しい友人だけで披露宴を…と考えているのであれば、小さなレストランはとても良い選択肢のひとつと言えるでしょう。

◆デメリットも忘れずに

レストランにおける結婚式のデメリットのひとつであるスペースの規模の小ささは、前述のように逆に魅力としても捉えることができます。
しかし、専門の結婚式場は大きなホテルと比較するとあまり設備が整っていない、という大きなデメリットがあることも頭に入れておきましょう。

場所によっては音響設備さえも整っておらず、その都度専門業者を呼び寄せているというケースもあります。
この場合、自前の設備を持っている式場と比較するとどうしても費用はかさんでしまいます。

また、本格的な式場のように結婚式を挙げる上でほぼ間違いなく必要となる衣装屋さんや花屋さん、美容室などと提携していないというケースも少なくありません。その場合はすべて自分で手配しなければなりませんので、それなりの手間がかかってしまうことは覚悟しなければなりません。
お二人の理想にうまくフィットすれば素晴らしい式を挙げることのできるレストランですが、いくつかのデメリットも頭に入れた上で検討するようにしましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ