式場、ドレスの予約はいつまでにすればいい?

式場、ドレスの予約はいつまでにすればいい?

結婚式の準備に最低限どのくらいの期間が必要となるのでしょう?具体的なスケジュールを例にして考えてみましょう。
日取りを決める際に、あまり無茶な日程にしてしまうと、慌ただしくなってしまう上に理想的な式を挙げることができなくなってしまいます。

最低でもこの位の期間は必要だ、ということを頭に入れておけば、無理のないスケジュールを組み、より理想に近い結婚式を実現することができるでしょう。

◆式場の予約はいつまでにすればいい?
一般的に式場の予約のリミットは3ヶ月前と言われていますが、これでは少し遅すぎます。人気の式場の場合、3ヶ月前ではほとんど予約で埋まっていますので、気に入った式場を見つけることができても予約ができない、という可能性が高くなります。

式場の人気や時期によっても左右されますが、どんなに遅くても半年前には式場を決めて予約をする必要があります。
早ければ早いに越したことはありませんので、1年前から予約を入れている、というカップルも少なくありません。人気の高い大安の休日などを希望しているのであれば、より予約の時期を早めなければなりません。

式場予約のリミットを半年前に設定したとするならば、実際の式場選びはもっと早い段階で動かなければなりません。式場の見学やブライダルフェアは土日だけに制限されているところも少なくありませんので、効率的に毎週末を使って式場をまわったとしても1ヶ月4~5ヶ所が限度です。
じっくりといろんな式場を実際に見て、比較したいのであれば、プラス3ヶ月は考えておくべきでしょう。

◆ドレスはいつまでに決めればいい?
式場と同時に決めなければならないのがドレスです。
式場見学や、ブライダルフェアへ行けば、式場と提携している衣装屋さんが試着会をしていることも少なくありません。
これを利用すれば、式場のチェックとドレス選びを同時にすることができるでしょう。

ドレスも人気の高いものは早い段階から予約で埋まってしまいます。理想的なドレス探しをしたいのであれば、式場選びと同様にできるだけ早く決めて予約を入れなければなりません。

レンタルではなく、購入を考えている場合はさらに早く動く必要があります。基本的にウェディングドレスはオーダーメイドや受注生産になりますので、注文してもすぐに手に入るわけではありません。
特にオリジナルデザインでオーダーする場合は注文してから手元に届くまでに半年以上かかってしまうこともあります。
既製品の受注生産のものでも、大量生産されているわけではありませんので、納品されるまでに数ヶ月程度かかってしまうことは珍しくありません。
真っ先に決めなければならない式場とドレスは遅くとも式の半年前には決めていなければなりません。それを頭に入れてスケジュールを組むことになります。
じっくりと選びたいのであれば、結婚式の準備には1年以上かかってしまうことも少なくありません。

何も決まっていない状態から日取りを決めるのであれば、できるだけ余裕を持った日程にするようにしましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ