定番会場と費用面で比較してみると…?

定番会場と費用面で比較してみると…?

定番の結婚式場とその他の場所とでは、費用的にどのような違いがあるのでしょうか?二人が思い描いている理想の式の形があったとしても、予算が足りなければ実現することはできません。
そこで、一般的なホテルや専用結婚式場、ゲストハウス、レストランの4パターンの会場と、その他の場所での料金にどのくらいの差が出るのかを考えなければなりません。

会場そのものを借りるための料金に関しては、広さや場所によって大きく変わってきますので、その他の必要なものについて考えてみましょう。

◆定番式場の方がドレスは安くレンタルできる?
まず、結婚式の主役の一つであるウェディングドレスの場合を比較してみましょう。結局は衣装屋さんで借りることになるので料金は変わらないのでは?と思われるかもしれません。

しかし、定番の結婚式場の場合、提携している衣装屋さんが必ずありますので、そこを利用することによって大幅な割引を受けることができるのです。
また、ドレスを借りる際、また返送する際の送料も意外とバカになりませんが、提携している式場の場合、これも無料となるケースがほとんどです。

通常、結婚式場として使われることのない場所であれば、当然提携している衣装屋さんがない、というケースがほとんどですので、自分で直接衣装屋さんにお願いすることになります。
この場合、前述のような割引が適用されることはありませんので、やや割高になってしまうでしょう。

結婚式費用の中でも大きなウェイトを占めているドレス代の差は、式全体の費用に大きく響いてくるのは言うまでもありません。

メイクさんや美容師さんなども同様で、提携している式場を通じて手配することによって割引が適用されるケースがほとんどです。

◆会場のレンタル料金に含まれたテーブルやイスなど
一般的な定番結婚式場ではテーブルやイスは最初から設置されていますので、特別に数を増やす場合や、特殊なものに変更する場合を除いて、別で料金を請求されることはほとんどありません。

しかし、専用の会場以外ではこれらも自分で手配しなければなりません。イベント会社などを通じてテーブルやイスなどを自分で手配するとなればかなりの出費は覚悟しなければならないでしょう。

また、音響機材やちょっとした置物、会場の飾りつけなどに関しても、かなりの費用と手間が必要となってしまうことを覚悟しなければなりません。
その代わり、すべて自分の好きな形で手配することができる、というメリットはありますが、費用の面ではかなり不利になってしまいます。
このように考えてみますと、費用の面ではやはり定番の結婚式場の方が有利になることの方が多いようです。しかし、定番会場では実現することのできないユニークで個性的な結婚式を挙げることができるというのもまた事実です。

定番会場以外の場所での結婚式を検討しているのであれば、まず、予算が通常よりもかかってしまうことを頭に入れた上で予算を組む必要がありそうです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ