具体的な計画を立てる前に!~二人だけでは決めることができないもの

具体的な計画を立てる前に!~二人だけでは決めることができないもの

結婚式の計画を立てる前にいくつか確認しておかなければならないことがあります。結婚式の主役はやはり新郎新婦の二人です。しかし、二人だけですべてを決めることができるわけではありません。
結婚するということは、それぞれの家族や親戚ともずっと付き合っていくことを意味します。結婚式はその顔合わせのための儀式という一面も持っているのです。

通常、結婚式を挙げる前には両家の顔合わせの席が設けられます。その際にしっかりと確認しなければならないポイントを押さえておきましょう。

◆式を挙げる場所については必ず確認を
結婚式を挙げる場所は、家族や親戚にとっても大きな問題になります。新郎新婦の実家が遠く離れている場合、どちらの近くで式を挙げるのかをまずは考えなければなりません。
一方の近くで式を挙げるのであれば、遠方になってしまう側の親族の交通費の負担なども視野に入れなければなりません。

そのため、まずはそれぞれの実家側の意思を確認する必要があります。これをせずに二人だけで式場の場所を選んでしまうと、今後の親戚付き合いにも影響することになりかねません。

二人の希望があるのであれば、しっかりと意思を伝えた上で話し合うようにすべきでしょう。

◆結納はどうする?
最近では結納を省略してしまうカップルも少なくありません。しかし、この点に関しても二人の意思だけで決めてしまうことはできません。
本人は良くてもどちらかの両親が結納をしたい、という意思を持っていた場合、これも無視することはできないでしょう。

また、結納をするにしても今日では省略系なども含めてさまざまなスタイルがあります。この点に関してもしっかりと両家の意見、意思をすりあわせておく必要があります。

些細なことと思われるかもしれませんが、大切な娘、息子の結婚ですのでそれぞれの両親には特別な想いがあるはずです。
二人の希望も大切ですが、両親、親族の希望もしっかりと受け止め、その上で検討すべきでしょう。

◆誰を式に呼ぶのかを決める
友人や職場の同僚などの出席者は二人で決めることになりますが、親族に関してはやはり二人だけですべて決めてしまうことはできません。
本人にとってはそれほど親しいわけでもなく、大切な人というわけではなくても、ご両親にとっては絶対に結婚式に出席して欲しい、という親族や知人がいるかもしれません。

それを踏まえた上で出席者の人数を決定するようにしましょう。

出席者の人数は式場選びや予算にも大きく影響します。具体的な式の計画を立てる前に必ず確認しておかなければならないポイントです。
ここで挙げたポイントは、必ず式の計画を立て始める前に確認しておくようにしましょう。それができていなければ、そもそも式の具体的な形を描くこともできません。
逆に、これらの点をしっかりと確認し、意見がまとまればある程度、どのような結婚式にすべきなのかはまとまってくることでしょう。

結婚式は二人のもの…しかし、すべてを二人だけで決めることはできないのです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ