スケジュール管理と「綺麗」の関係とは?

スケジュール管理と「綺麗」の関係とは?
綺麗な花嫁さんになるためには何をすべきか…早い段階からできることはいくらでもあります。しかし、具体的に当日は何をすれば良いのでしょう?
ポイントは時間に余裕を持って行動することにあります。

もちろん、花嫁としてやらなければならないことは多いですので、ゆっくりすることはできません。しかし、できるだけ余裕を持ってスケジュールを組んでおくことによって、より綺麗な花嫁さんになることができるでしょう。

◆事前にできることはやっておく
当日になってバタバタしないために、事前にできることは早目にやっておきましょう。
まずは結婚式当日にやることをリストアップしてみましょう。その中で、事前にできることを極力省くことからはじめます。
衣装やメイク関連は当日にしかできないことです。しかし、引き出物のチェックや出席者への連絡は前日までにすることができます。

しっかりとスケジュールを組むことによって、当日にやることを減らすことができます。いずれにしても、予想外のトラブルなどによって急遽やらなければならないことが発生する可能性がありますので、それに備える、という意味でもできるだけ余裕を持った予定を組むようにしましょう。

◆どうして余裕を持つことが「綺麗な花嫁さん」に繋がる?
余裕を持ったスケジュールを組むことの必要性はある程度ご理解いただけたかと思いますが、どうしてそれが「綺麗な花嫁さん」になることに繋がるのでしょう?

まず、スケジュールがあまりにタイトになってしまうとメイクなどに十分な時間をかけることができません。もちろん、プロのメイクさんがつきますので、スピーディに仕上げてくれるでしょう。しかし、こちらの意図がうまく伝わらず、すぐに思い通りのメイクに仕上らない可能性だってあります。
もちろん、事前の打ち合わせやメイクのリハーサルなどである程度、どのようなメイクにするのかを決めることはできますが、当日の天候や肌の状態によってメイクの乗りは変わってきます。また、式の当日にニキビができてしまった!なんて事態にならないとも限りません。これに対応するためには、時間的にある程度の余裕を持っておくべきでしょう。

また、意外に重要なのが食事です。式がはじまってしまうと色々とやることがありますので、新郎新婦は料理をゆっくりと食べる余裕なんてありません。
なので、式が始まる前に軽く食事をとっておくべきです。空腹状態が続くと、血色も悪くなりますので、「一番綺麗な自分」を維持することができなくなってしまうかもしれません。
うまくスケジュールの管理をすることができたとしても、やはり結婚式当日は慌ただしくなってしまうものです。予定以上にバタバタしてしまうことを前提として、余裕を持って準備を進めて行きましょう。
スケジュール管理と「綺麗な花嫁さん」になること…一見あまり関係がないように思えますが、実は深くかかわっています。
結婚式当日に「一番綺麗な自分」でいるために、上手に時間をコントロールしましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ