ウェディングドレスのサイズがない!予約が埋まってる!でもまだあきらめない

ウェディングドレスのサイズがない!予約が埋まってる!でもまだあきらめない

ウェディングドレス選びの際に悩みの種となってしまうのが、気に入ったドレスをようやく見つけることができたのに、サイズが合わなかったり、すでに式の日には予約が入っていたり、というケースです。
ドレスをオーダーし、購入する場合はこのような問題は起こりませんが、かなりの額の費用がかかってしまいます。

レンタルでドレスを用意する場合、このような問題が発生してしまうともう諦めるしかないのでしょうか?そんなことはありません。
理想のドレスを着て綺麗な花嫁さんになるために、できることはいくらでもあります。

◆1軒の衣装屋さんが持っている衣装の数
お店の規模にもよりますが、よほど大きなお店でもない限り、1つのドレスの在庫をいくつも持っていることはあまりありません。
ウェディングドレスの場合、多少サイズ調整がきくようになっているものも多いため、複数のサイズを用意していることもあまりありません。

ドレスにもやはり流行がありますので、人気の高いものであっても何着もの在庫を持つことはできないのです。

こういった事情から、良いドレスを見つけてもサイズが合わない、またはすでに予約が入っている、という問題が生じてしまいます。

このように説明してしまうと、諦めるしかないのか…と思われるかもしれません。しかし、まだ諦めてしまう必要はありません。

◆衣装屋さんは1つだけじゃない!
ウェディングドレスを取り扱っている衣装屋さんは1つだけではありません。気に入ったドレスがあるのなら、他のお店もあたってみましょう。

そのお店が特別のオーダーしたものではなく、メーカーの既製品であれば、いくつもの衣装屋さんで取り扱っている可能性があります。
メーカーなどもはっきりしているのであれば、直接問い合わせをして取り扱っているお店を聞いてみるのも良いかもしれません。

また、複数の店舗を持っているような大きな衣装屋さんにあたってみれば、全国のお店の在庫から探し出してくれるというケースもあるでしょう。

サイズや予約の関係で借りることはできなくても、メーカー名や型番などは衣装屋さんで教えてもらうことができます。この情報さえあれば、ブライダルカウンターやブライズデスクなどを経由して衣装屋さんやメーカーに問い合わせてもらうこともできます。

1つのお店で借りることができなかったから、といって諦めてしまう必要はありません。まだまだできることはありますので、諦めずに理想の衣装探しをしましょう。
ウェディングドレスのレンタルは購入する場合と比較して、費用面で圧倒的に有利な代わりになかなか理想的な衣装を入手することができない可能性があります。
しかし、諦めずに行動を起こせば、もう借りることは難しい、と思っていたドレスを着るチャンスはまだあるかもしれません。

また、できるだけ早めに予約することによって、理想的なドレスを借りることができる可能性は高くなります。さらにその他のアクションをとるための時間も十分に確保することができるでしょう。
大切なのは早めの行動と、諦めない、という姿勢です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ