せっかくの結婚式…でもやりすぎはやっぱりNG

せっかくの結婚式…でもやりすぎはやっぱりNG
10組のカップルがいれば10通りの結婚式があります。昔はある程度結婚式の進行には決まったルールのようなものがありましたが、近年ではそれも薄れ、自由度が高まっています。
二人だけのオリジナリティに溢れた結婚式…とても魅力的なものですが、自由度が高まり、選択肢が増えるとそれだけ迷ってしまうことも多くなります。

あれもこれも…とあまり手を広げすぎてしまうと、良い結婚式にすることはできないかもしれません。

◆せっかくの結婚式だから
私は昔から結婚願望がとても強く、結婚式そのものにも強い憧れを持っていました。ですので、具体的に結婚の話が出る前から、ひそかにブライダル情報誌をチェックしたり、時には一人でこっそりブライダルフェアに行ったりしたこともあるほどです。

ですので、さまざまな結婚式のパターンも頭に入っていましたし、どのようなオプションが存在しているのかも知っていました。

そして、いよいよやってき私の結婚する時…当然準備にも気合いが入ってしまいます。何度も思い描いてきた自分の結婚式ですので、やりたいことは全部やってしまおう!そう考えました。

せっかくの結婚式だから好きなようにしていいよ…夫もそう言ってしまったことを後で後悔することになりました。もちろん、私自身もやりすぎた、と反省していますが…。

◆オプションは全部追加で!
私が選んだ結婚式場は豊富なオプションがあることで有名な結婚式場でした。ここであれば、私のやりたいことはなんでもでるはず!そう思い、決めました。

式の進行はほとんど私が決めてしまいました。昔から何度も思い描いていましたので、すぐにスケジュールをまとめることができたのです。
しかし、その内容は…なんと挙式から披露宴まで含めて7時間の超ロング結婚式です。オプションを片っ端から詰め込んでしまえば当然こうなってしまいます。
お色直しはなんと3回。超セレブ婚です。

夫も私の好きなようにしていい、と言った手前、止められることもありませんでした。費用は当初の予定の倍近くになっていますが、ブライダルローンを組んで対応してくれました。
私はもう結婚式のことで頭が一杯でしたので、まったく気にもしていませんでした。
しかし、7時間という長丁場です。派手なウェディングドレスを着たまま7時間…。私は途中で悲鳴をあげたくなってしまいました。
さすがに後半は出席者の方の顔にも疲れの色が見え、申し訳ない気持ちになってしまいました。

長年思い描いてきた理想の結婚式を実現できた私ですが、やはり夢は夢のままにしておいた方がいいのかも…そんなことを思ってしまいました。
オプションはほどほどに…私の経験から語れるのはこれくらいしかありません。何事もやりすぎは良くない、ということですね。
確かにたくさんのオプションを見ていると、どれも魅力的に思えてしまいます。しかし、本当に良い結婚式にするためには、その中から本当に必要なものだけを上手に選ぶようにしましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ