さまざまな結婚式費用の支払い方法のパターン

さまざまな結婚式費用の支払い方法のパターン

結婚式の費用については金額だけでなく、支払方法についてもしっかりと考えておかなければなりません。式のスタイルや参加者の人数にもよりますが、結婚式の費用は数百万円以上必要となることも少なくありません。

結婚式場によっては支払方法が式の前に現金で、といった形で限定されていることも少なくありません。どのように式の費用を用意するのかによっては、この支払方法は難しい…というケースも考えられるでしょう。
ここではさまざまな費用の支払い方法について考えてみましょう。

◆便利な後払いシステム
結婚式場によっては式を終えたあと、数週間以内の支払い、という形で後払いに対応することも可能となっています。
先に払っても後で払っても金額は同じだろう?と思われるかもしれません。しかし、出席者の方からのご祝儀を支払いに充てることができる、という点はとても大きなポイントと言えるでしょう。

本来、どのくらいあるのかわからないご祝儀を期待するのはあまりよくないことです。もちろん、費用は事前に用意しておくべきです。
しかし、ある程度余裕を持って支払いをすることができる、と考えると後払いシステムは非常に大きなメリットを持っていると言えるのではないでしょうか?

◆結婚式費用をカード払いで?
クレジットカードで料金を支払うことのできる結婚式場もあります。一昔前は現金での支払いに限定されていた結婚式の費用ですが、近年ではカードで支払いたい、という要望に応える形で対応することのできる式場が多くなってきています。

これによって分割払いも可能となりますし、金額も大きいですので利用金に応じてポイントが付加されるものであれば、かなりお得でしょう。

ただし、結婚式の費用はかなり高額です。それを支払うことのできる限度額のカードを用意しなければなりません。
カード払いをするつもりだったけど、限度額を超えてしまって利用できなかった…なんてことにならないように事前に確認しておくようにしましょう。

カード会社によっては事情に応じて一時的に限度額を挙げてくれるといったサービスを実施していることもありますので、カードによる支払を検討されている方は一度相談してみてはいかがでしょう?

◆結婚式場で利用できるローン?
式場によっては金融機関と提携し、結婚式費用のローンを組むことのできることがあります。前述のカードによる分割払いを検討されている方は、こちらも視野にいれておきましょう。

場合によっては、カードよりも金利などの面で有利なケースもあります。

ただ、ローンが利用することのできる式場はかなり限られていますので、一度ブライダルカウンターやブライズデスクなどで利用可能な式場をピックアップしてもらってはいかがでしょう?
結婚式の費用の支払い方法にもさまざまなパターンがあります。どの方法が自分にとってベストなのかをしっかりと考えた上でチョイスするようにしましょう。
支払い方法をうまく選択することができれば、諦めかけていたワンランク上の結婚式場だって狙えるかもしれません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ